地球のどこかから発信するBlog

とある男子大学生が考えたこと、学んだことを書きます

ボストンキャリアフォーラムの事前準備をしています

どうも、留学中の大学生です。

 

地味に授業が忙しい中、20卒を目指しているので就活をしています。年明けからは卒論に取り掛かりたいのでロンドンからボストンに飛んで、内定を取って帰ってくるぞと意気込んでいるわけです。

 

 レジュメを書く

レジュメを書いて、気になる企業にぽいぽい応募していきます。これはもう8月とかからやってました。気が向いた時にCFNのサイト開いてぽいぽい応募していく。20社くらいレジュメ出したのかな。

 

でもね、いまだになんの音沙汰もない企業もありますし、エントリーシートを別に出さないといけない企業で志望度が低いところはそもそも出してなかったりするので結局現在進行中の企業は10社くらいか?

 

それでも2社落とされてて、1社が書類、1社がスカイプ面接で落とされました。まあ、しょうがない、そもそも合ってなかったんだと割り切るしかないですね。

 

スカイプ面接

書類に合格したらスカイプ面接の案内が来ます。これはがっつり日本時間で設定されるから注意。日本時間での朝に設定されるとロンドンは真夜中。これが地味に応えますね。

 

今これを書いている段階で面接をしたのは4社で、そのうち1社は落選。2社に当日の面接の予定をもらって、1社は連絡待ちです。

 

また、なぜかわからないけど書類だけで当日の予約を入れてくれる企業もあったので、現段階で3社の面接予約があるっていう状況になりますね。

 

よく聞かれてる質問としては、

なんで留学したの?その留学先を選んだ理由は?

就活の軸&どんな企業を他に受けているか

入社してやりたい仕事は何か

あとはなにかそちらから質問ありますか?

 

っていう感じですね。一貫性のある回答を心がけています。でもまあ受かるところと落ちるところがあるっていうのは就活ではしょうがないのかなと思います。

 

ぶっちゃけた話

正直、就活面倒臭すぎる。これを経験したことで絶対ボスキャリで内定欲しい!って思ってしまった。

 

あと、ボスキャリに行く理由として、就活じゃなくて、ある人に会いに行くためっていうのが優先度が高いから、就活がうまくいかなくてもその人に会えて話ができればいいなと思ってる。だから、ボスキャリに行くのが楽しみで仕方ないんだよね。就活が微妙に終わってもまだ帰ってからの東京とかあるし、挽回するチャンスはいくらでもある。

 

 

あと、ボスキャリは先行者利益があるって色々なサイトにも書いてあったから、早めに始めてみたけど、結局音沙汰ない企業が多いんじゃ、あまり意味なかったかなとも思う。でも授業が忙しくなる前に色々済ませておけたのは良かったけど。

 

また進捗があったら追記か新しい記事かで書こうと思います。

 

以上。