地球のどこかから発信するBlog

とある男子大学生が考えたこと、学んだことを書きます

Airbnb使ってみたらそりゃ宿泊業界嫌がるだろうなって思った話

どうも、金欠の大学生です。

 

この前、普通に国内旅行したんですけど、その時の宿泊のための手段としてAirbnbを使ってみました。

 

f:id:pshup:20180102195605p:plain

 

前々から存在は知ってはいたんだけど、使ってみたのは初めてだったんですよ。あれね、

 

すごいわ。

 

 価格が安い

まあ、これは借りる部屋によるんでしょうけど、一般的なホテルなどと比べて価格は割安です。その分、ルームサービス等のサービスがない。

 

実際、ホテルの厚いおもてなしって嬉しいけど、必要ないじゃないですか。我々庶民にとっては。特別な気分を味わうっていうのはわかるんですけど、お金ないから、削れるところは削っていきたいところですよね。

 

そこで、そのおもてなしサービスを削ることができるのがAirbnbかなって個人的には思います。

 

普通のワンルームのマンションを借りて、一泊¥4000でした。ためしに、その周辺のホテルの検索をかけるとだいたい¥8000~からだったので、普通に安いです。

 

部屋はもちろん綺麗で快適なんで、サービス分を削るだけで倍の期間宿泊することができる。これってかなりお金ない時にはありがたいと思いませんか?

 

他はおおむね快適

サービスを削ってお金を浮かせてるって言いましたけど、それで快適じゃないなって感じたことは一度もなかったです。ベッドも綺麗だったし、テレビもついてたし、一通りのキッチン用品が揃っているので自炊も出来る、などなど。もちろん空調も効きましたよ。

 

ただ、一つ、僕が宿泊した部屋はWi-Fiがなかったんですよね。それだけが問題点だったような気がします。それ以外は何も不自由なく過ごせましたよ。夜中にラーメン食べたいって言う時も一人暮らしのような要領ですぐに外出することができますし。

 

 

放っておいてくれる

これかなり大きいです。あまりホテルみたいに何から何までお世話ばっかりされてると、たまに疲れちゃう時あるじゃないですか。だから、Airbnbの放っておいてくれるシステムはすごい良かったなあと個人的には思います。

 

 

あと、特に個人的に思うのは、フロントを通らなくていいのが精神的に良かったかなって。なぜかっていうと、自意識過剰なんですよ、僕。

 

「あいつこんな時間に出歩くのかよ」とか「あいつ1人で飲むのかよ」とか思われてそうで、嫌だなあって思うんですよ。それが、Airbnbの一部屋貸切なら、フロントなんかもないのでなんなら近くのコンビニまでだったらパジャマでいけますよ。その辺に住んでる風を装いながら。

 

 

宿泊業界の新風

だから、一般的な宿泊施設になかった要素を持っていて、それを好む人が結構いたもんで、宿泊業界の観点に立てば、ちょっと嫌な業者が入ってきたなって思うんじゃないですか。

 

実際、宿泊業界の優良顧客である外国人は、日本人よりももっとAirbnbを身近に感じていて、日本旅行Airbnbを使う割合は高いです。正確なデータとかはないんで話半分で聞いてもらって構わないんですけど。

 

だから、その外国人観光客というパイを一部持って行かれてるっていうのは、従来のホテル、旅館から見れば嫌だと思いますよ。

 

 

一長一短

こんな感じでAirbnbを褒め称える内容ではありましたが、実際従来の宿泊施設の方が優れてると感じる部分もあります。特にサービス面においてはそっちの圧勝ですからね。Airbnbなんて目じゃないですよ。だってご飯用意してくれてお風呂も広くて、なんなら送迎とかあったりしますからね。

 

そのサービスとお金とを天秤にかけて、どっちが自分に適しているのか考えるのが良いです。結局ね。

 

まあ、お金ない人的にはAirbnbでも全然大丈夫だよっていう話でした。

 

以上。