地球のどこかから発信するBlog

とある男子大学生が考えたこと、学んだことを書きます

【愚痴】大物がいない日本の音楽ストリーミングサービス

どうも、Apple Music常用者の大学生です。

 

Apple Music、めちゃくちゃ使いやすいしめちゃくちゃ便利で、もう俺の中で格が生活必需品レベルまで上がってるんですけど、唯一にして最大の不満があります。

 

それは、日本の二大天才の音楽が聴けないこと。あとPerfume

 

f:id:pshup:20170712011143p:plain

 二大天才

二大天才っていうのは、宇多田ヒカル椎名林檎だっていうのは自明だと思うんですけど、その二人の曲はApple Musicには含まれてない。つらい。


宇多田ヒカル - 二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎

 

好きならCD持ってんだろとか言われそうだけど、そういう問題じゃねえだろ。CDから読んだりとかさ、データ移したりとかさ、面倒くせんだよ本当に。

 

Apple Musicの1タップでライブラリに追加できる手軽さに慣れちゃうと、余計CDから取り込んだりするのが億劫になる。1回MacBookのデータがなくなっちゃった時があったんだけど、もうしんどいよ。宇多田ヒカル椎名林檎、あとはPerfumeApple Musicで聴けないから、手作業。丸一日かかるよ。20枚くらい取り込むからね。

 

しかもさ、MacBookiPhoneでデータがうまく同期できない時あるのよ。ストレスでしかない。今もPerfumeのTOKYO GIRLのシングルが、うまく同期されてなくてiPhoneから再生できない。これどうすればいいの?

 

Apple Musicは邦楽に弱いのか?

Apple Musicが邦楽に弱いっていうのは、ネットでもよく聞く話だ。なんでかっていうと、簡単な話で、アップルがアメリカの会社だから。

 

でもさ、調べてみるとさ、どの音楽ストリーミングサービスでも宇多田ヒカル椎名林檎Perfumeは聴けないんだよね。つらい。

 

だから、Apple Musicが、他のストリーミングサービスと比較して弱いっていうわけではない。

 

でも、相対評価ではそうでもないかもしれないけど、絶対的な評価で見たら、宇多田ヒカル椎名林檎が聴けないのは弱いと言わざるを得ないよね。日本の誇る天才だからね。でも東京事変は聴けるよ。

 

何が言いたいかっていうと、もっとストリーミングサービスに提供しろよってこと 

お金になるのはわかるけど、海外もちょっと視野に入れてるアーティストは定額ストリーミングサービスに音楽を提供したほうがいいと思う。

 

宇多田ヒカル椎名林檎はもっと音源が気軽に手に入れられるようになるべき音楽だと思ってる。日本人のバイブル的なものにしたほうがいいと思う。

 

Perfumeだって、海外ツアー3回もやってるのに、日本よりもっとストリーミングサービスが盛んな海外でそれを利用してないっていうのはポイント低いんじゃないのか?どうなんだ?

 

時代はストリーミングだろ

音楽業界が稼げなくなったって言ってるけど、別に誰も音楽を聞かなくなったわけじゃない。

 

利便性とかユーザーインターフェイスとかしっかりしたApple Musicみたいなサービスが大体月1000円くらいで利用できるんだったら、みんな利用するでしょ。俺もそんな人だし。なのにさ、なのにさ...

 

大物って言われてるアーティストがみんなして、どんどん減ってくだろうCD売り上げにしがみついてるのは、時代遅れなんじゃないか。海外でも通用するようなアーティストだったら余計そうだよ。

 

今までうまくいってたやり方を守ろうとする人たちは時代においていかれていつか滅びるんだよ。日本の音楽業界にそうなってほしくないな〜。最近のJASRAC騒ぎとかでちょっと不穏な空気は流れてるけどね...

 

youtubeで聴かれるだけとか、違法DLで聴かれるよりは定額ストリーミングサービスで聴いてもらったほうが、音楽と視聴者の関係は健全だと思う。

 

誰が頑張ればいいんだろう

誰が頑張ればいいんだろうね。サービス側が営業を頑張るのか、アーティストというか、レーベルの上層部に革新的な人物が現れるのを待つのか。どっちなんだろう。

 

まあ、日本の音楽業界とか偉そうに喋ったけど、結局言いたいのは、「なんで宇多田ヒカル椎名林檎聴けねえんだよ」っていう愚痴だったっていう。

 

なんも得るもののない記事でした。

 

おしまい。

広告を非表示にする